アバナ

アジア人向けに作られた最新の薬


ED治療薬といえばバイアグラ・レビトラ・シアリスが非常に有名であり、三大ED治療薬とも言われていて圧倒的なシェア率を誇っています。

しかし、医療の分野というのは常に新しい薬が開発されていて販売されています。

もちろんED治療薬も新しい薬が誕生しており第四の次世代の治療薬が誕生しています。

それがアバナ(ステンドラ)と呼ばれる薬であり、この薬の最大の特徴としてアジア人向けに作られているという点です。

今までのED治療薬は西洋人や欧米人といったガタイのいい体型の人向けに作られていました。

ですが、今の時代の人口比率を見てみると西洋人や欧米人よりもアジア人が増加傾向になっています。

そのためアジア人の体型にあわさせて作られたED治療薬のアバナ(ステンドラ)について説明をしていきます。

他のED治療薬のいい所取り

アバナ(ステンドラ)を一言で表すならば他のED治療薬のいい所どり!というのが分かりやすいと思います。簡単に説明をするとレビトラ並みの即効性があり、食事の影響はシアリスのように受けづらいという天です。

アバナを服用したらすぐに効果が現れるだけではなくてシアリスと同等程度の吸収率を誇っている点です。

シアリスに即効性があればよかったと思う人からしてみればまさにピッタリの効果といえます。ただし、シアリスほど薬の持続作用時間は長くないので注意してください。

それでも最大8時間前後と言われていますが、それでも十分すぎる効果時間が期待できると言えますよね。

アバナ(ステンドラ)も他のED治療薬と同様に性的興奮があって初めて効果を発揮するというのがありますので仕事中にたとえ服用しても勃起してしまうということもありません。

もともと日本企業が開発していた

アバナ(ステンドラ)は日本の田辺三菱製薬メーカーが作っていました。2001年に海外(一部のアジアを除く)での開発、販売権をVIVUS(ヴィヴス)社に譲渡したという経緯があります。

日本の製薬会社が作っていたということでやはりアジア人の体型に合わせられて作っていたということがわかりますよね。

ヴィヴス社自体はあまり大きな製薬会社ではないので一気に広まったというわけではなくてどちらかといえば口コミで徐々に広まっていきました。

これから先大きな製薬会社と提携を結ぶことが考えられますのでそうなれば一気に知名度が広まってきますが、日本ではステンドラの認可が下りていないので病院でも処方されません。

興味があるのであれば医薬品個人輸入代行サイトを利用するしか2017年7月現在では方法がありません。

最新の薬を試してみたいけれど病院でも処方されていないからちょっと怖いなって思う人もいると思います。

購入して効果がなかったらお金の無駄になってしまうと思ったらステンドラのジェネリック医薬品であるアバナを注文しましょう。

アバナのほうが知名度的には有名かもしれませんが、アバナはインドではいち早くジェネリック医薬品が開発されています。

インドで発売されているアバナはステンドラと同等成分が配合されていて安く購入できるのでまずはジェネリック医薬品を1つ購入して効果が実感できるか確かめて見ましょう。

アバナを製造している製薬会社は沢山ありますが、SunriseRemedies(サンライズレメディーズ)社が製造・販売するアバナがお勧めです。

ジェネリック大国といわれているインドでもサンライズレメディーズ社の知名度は高く2000年には株式市場に上場も果たしています。

仏教の考えを取り入れており、医療の発展に重視している会社です。

色々な会社がアバナを販売をしていますが、やはりきっちりとした会社で製造・販売されているところから購入するようにしましょう。

アバナ(ステンドラ)は今後間違いなく多くの人が利用するED治療薬であり、日本の病院でも処方されることはほぼ間違いないと言われています。

今までのED治療薬のいいところを凝縮して副作用も非常に少ないので使いやすい次世代のED治療薬ですからぜひとも早いうちから医薬品個人輸入代行サイトを利用して手に入れるようにしましょう。