通販と病院どちらで購入する

シーンによって使い分けする

ED治療薬を購入するのであれば今までは病院でしか購入することが出来なかったと思っている人も多かったと思いますが、ED治療薬はインターネットでも購入することができるということをまずは把握して欲しいと思います。

通販サイトのように医薬品個人輸入代行サイトを利用することで気軽にいつでもどこでも購入できるので非常に便利です。

結局のところ病院と通販サイトのどちらを使い分けることが正しいのかというとそれぞれに一長一短あります。

どちらか一方だけしか使ってはいけないというわけではありませんし、正しくはどちらも利用すると言うのが一番ベストでしょう。

大切なのは使い分けることと、そしてそれぞれにどんなメリットとデメリットに感じる部分があるのかというのを把握しておく必要があります。

ここではそれぞれ紹介していきます。

通販の使いやすい点

通販の使いやすい点というのは何と言っても24時間場所を選ばずにスマホやタブレット、パソコンからいつでも購入することが出来るという点です。

中々病院に行く時間が無いという人や休みを取れないという人、病院に行くのが面倒だという人や恥ずかしくてどうしても行くのに抵抗がある人でも通販を利用することで購入できます。

また配送してくれる配達員にも商品名が伏せられているので何の商品を購入したのか分からないので安心できます。

通販ならば時間も場所も関係ないというのがまず使いやすいですよね。

もう1つ通販の優れている点として一度にある程度まとめて購入することが出来るという点です。

病院だと残念ながらまとめて購入することが出来ずに何度も通わなくてはいけません。

通販であればまとめて購入すれば大手サイトであれば割引が適用されます。さらにまとめて購入すれば送料も無料になりますし、ポイントも付きますので次回購入する時も非常に簡単にお得に手に入れることが出来ます。

効果が実感できて気に入ったED治療薬があれば1つのサイトを使い続けることでお得な感じが分かると思います。

病院の使いやすい点

安くていつでもどこでも購入することが出来る通販ですが、気をつけなくてはいけない点があります。

ネット上で販売されている薬の多くが偽物であるという点です。偽物の割合は実に54%にものぼり正規品よりも多く出回っているということです。

特に薬の中でもED治療薬が非常に多くの割合を占めており、年々偽物の薬の取締りが伸びてきており、日本がいかにターゲットにされているかが分かります。

日本は世界有数の安全な国であるためにどうしてもリスクに関する危機感が薄い傾向があり、騙されてしまう人が多く居るのです。

きちんとした大手サイトを利用しないと偽物を掴まされてしまう可能性があるので気をつけるようにしましょう。

もう1つ気をつけなければいけない点として、通販は購入してからお手元に届くのに時間が非常にかかるという点です。

今の時代はインターネットで注文をしたら翌日や2日後には商品が届いてたりするのが当たり前となっています。

それがもう当たり前となっている時代なので注文してから商品が届かないと思って勘違いをしてしまってトラブルの元になってしまうことがあります。

もともと医薬品個人輸入代行サイトというのは海外からの発送となるので時間はかかります。

注文をしてから7日~14日間かかるもので、特にインド発送のものだと14日~21日間もかかります。通常の通販サイトと違う点として届くまでに時間がかかるということは覚えておきましょう。

今週使う予定があるからといっても間に合いませんので今後も継続して使っていこうと思ったら前もって注文をしておく必要があります。

病院の使いづらい点

病院の使いづらい点としてやはり直接病院まで向かわないといけませんのでどうしても時間や手間がかかるという点です。

地元に病院があればいいかもしれませんが、地元の病院には行きたくないという人も多いですし、ちょっと離れたところに行くとなっても病院に行くまでの交通費代がかかったり、病院に行くまでが面倒と感じることもあります。

診察料などもかかったりするので意外と小さい金額の積み重ねであったとしても最終的に通販で買うよりも値段は意外とかかるものです。

また一度にまとめて病院では薬を処方してもらうことが出来ませんので定期的に通う必要があります。料金で比較してみると1回1回の差はそこまで違いは感じられないかもしれませんが、1年単位で考えると非常に大きな差となってきます。

その場で処方してもらえるメリットがありますが、値段と手間がかかるということは使いづらい点でしょう。

ですから最初は病院で話を聞いてそこからは通販サイトを使い、もし突発的に急に必要となって家に薬がないと思ったら病院に行って処方してもらうというのが一番賢い選択だと思います。

他には新しい薬が出たら直接話を聞いたほうがネットで調べるよりも分かりやすいという人もいるのでそういったときに病院を使いましょう。