シアリス

圧倒的な持続時間の長さが好評


シアリスはED治療薬としてバイアグラ、レビトラに次いで発売された第三ED治療薬です。アメリカのイーライリリー社から欧米では2003年から販売されたのですが、日本ではそれから約4年後の2007年に発売されました。

いち早くシアリスの存在を知っていた人は医薬品個人輸入代行サイトを使って手に入れていましたが、やはりインターネットに詳しくない人からしてみればまさに待ちに待った最新の薬といったところではないでしょうか?

どうしても日本の医薬品というのは新薬が出ても認可されるまでに時間がかかるということで利用してみたい人からしてみれば医薬品個人輸入代行サイトが便利に感じたことでしょう。

俗にこの三つのED治療薬を三大ED治療薬と言われています。その中でもシアリスは世界100国で1千万人以上の人が使用し、フランス・スペイン等ではED治療薬のシェア率No.1を誇っています。

全世界においても2013年8月にはED治療薬(PDE5阻害薬)としての全世界シェアが42%を超えてNO.1になりました。

販売されたのが2003年に発売されて当時最も新しい薬でありながら瞬く間にシェア率を拡大されたシアリスにはやはり他のED治療薬にはない特徴があり、それが利用者に受けたからこそ長い期間服用する人が多いのでしょう。

シアリスの特徴の中でも支持されているのが圧倒的な持続作用時間があると言う点です。

バイアグラの作用時間は4時間から6時間程度で、レビトラでも最大10時間までですが、シアリスに関しては最大36時間もの効果を発揮します。

シアリスも他のED治療薬と同じように3つの規格が販売されており、有効成分は「タダラフィル」5mg、10mg、20mgの三つが販売されています。

5mgのほうは効果が少ないので実質10mgと20mgの二つだけが販売されているようです。

圧倒的な持続作用時間があるシアリスは別名【ウィークエンドピル】とも呼ばれており、週末の夕方の金曜日に服用すれば日曜日の朝まで効果を発揮すると言うことで週末を1錠で乗り切れることからこの名前が付きました。

特定のパートナーとある程度週末に性行為をすることが多いという人に向いており、夫婦や恋人同士にお勧めできるED治療薬です。

シアリスの服用方法に注意

シアリスは三大ED治療薬の中でも最も副作用が少ないと言われていてこれまで副作用が辛いという人にもシアリスはお勧めできます。

さらに食事の影響も受けづらいので最大牛丼の並盛一杯程度であれば食事を摂っても効果はあります。とはいってもやはり空腹時のほうが吸収率が高いので効果を発揮しやすいです。

色々と使い勝手のいいシアリスですが、注意をしなければいけない点として薬の効果が発揮するまでに時間がかかる遅効性の薬だということです。

レビトラは最短15分で効果が期待できると言われていますが、シアリスの場合は薬の効果が現れるのに個人差がかなりあり、1時間で効果を発揮する人もいれば4時間以上かかったという人も居ます。

大体平均して3時間ぐらいかかるので遅効性の薬といえます。

レビトラのように即効性は期待できませんのでとっさのベッドインでは間に合わないので気をつけましょう。

シアリスは特定のパートナーがいてある程度決まった日程でセックスをしているという方に向いているED治療薬です。

ただし、シアリスは一度体内に薬が十分に行き渡ったら食事をしてもある程度ならば効果が期待できるのでたとえば空腹時の状態で家を出る前に服用をしておいて薬を服用してから大体2時間ぐらいしたら食事をしてもいいので家を出る前に服用さえしてしまえば後は飲み忘れや持ってくるのを忘れてしまったということもないので服用しやすいともいえます。

シアリスの偽物も非常に多い

シアリスは世界でも非常に人気があってシェア率も2013年にシェア率NO.1になりました。

つまりシアリスはインターネット上でも購入されることは多いですが、人気があるからこそ偽物も非常に多く出回っているので注意しましょう。

シアリスの規格は5mg、10mg、20mgの三つですが、シアリスの5mgは効果が少ないので病院でも支払われる偽物にはシアリス100mgと表記して偽って販売をしているケースがあります。

これはバイアグラが100mgの規格で販売されているのでシアリスをよく知らない人が騙されて購入してしまって騙されてしまいます。

他にはシアリスの錠剤には「C10」「C20」という刻印がありますが、この刻印がなかったりします。

中には本物そっくりに作られていてボトルまでもこだわって作っているところもありますのでなかなか見極めが難しいです。

病院で処方されるシアリスは直接メーカーからの配られるものですから信頼性が高いですが、インターネットで医薬品個人輸入代行サイトを利用する際には必ず信頼できる大手サイトを利用するようにしましょう。