ED治療薬を女性が服用したら

ED治療薬は男性用の薬

ED治療薬は男性の勃起不全の治療薬として開発された薬です。

あくまでも男性のために作られたのですが、女性が服用したらどうなるのか?ということを紹介していきます。

そもそもバイアグラやレビトラ、シアリスなどのED治療薬には媚薬効果はありません。

服用したからといって性的欲求が高まるとか性的興奮が高まるといった作用は入っておりません。

あくまでも血管を拡張させて陰茎海綿体に血流を集める作用があり、勃起を長続きさせてサポートするものです。

勘違いをしている人が多いので改めて紹介をしておきます。

そんなED治療薬を女性が服用した場合効果は無いのではないか?って言う意見もあれば効果を発揮するという人もいます。

というのはED治療薬は血流の流れを良くする効果がありますよね。男性器同様に女性器の血流もよくなることで女性のも効果があるといいう意見もあります。

一部の臨床データの発表に夜と100人の女性にED治療薬を処方したところ被験者の多くに効果が出て女性器周辺が敏感になり、オーガズムに達しやすくなったという実験結果が得られたようです。

とはいえこれにはまだ医学的な根拠や証拠となるものは発表されていません。

女性器には陰茎海綿体が無いので勃起というものがありません。

ただし、クリトリス部分に血流が集まって敏感になりやすくなるということもあります。

だからこそ普段よりもオーガズムに達しやすくなったということにもつながります。ただし、女性の場合は性行為に関して性的興奮や快楽といった部分では男性のように単純ではなくて精神的要素が大きく関わってきます。

そのためただED治療薬を服用したからといって必ず敏感になるというものでも無いのです。

ED治療薬に媚薬効果が無い以上は期待しないほうがいいようです。

まだ実験データが確証されていない以上、男性、女性に限らずED治療薬を服用したことで脳内での性的欲求が妄想を膨らませたことによって効果が得られたというのは思い込みによるプラシーボ効果なのではないかという意見があります。

女性にED治療薬を飲ませたことによって性的感度や興奮が高まらずにただ単に副作用だけが現れてしまって頭痛やめまい、顔の火照り、めまい、動悸、視覚異常、貧血などに苦しむものになってしまう可能性もあります。

そうなれば精神的作用によって性的興奮が高まる女性からしてみれば性行為をする気になれなくなってしまうものです。

確証されていないデータを頼りに女性がED治療薬を服用するということはおすすめできません。