ジェネリック医薬品とは

同等の成分で販売

日本でも話題になっているジェネリック医薬品という言葉ですが、もうすっかり定着しつつ言葉でもありますよね。

日本のテレビなどでも度々CMが流れていたりして認識されていますし、病院などでもジェネリック医薬品を進めるところが多いですよね。

しかし、いまいちジェネリック医薬品についてよく分からないという人もまだまだ多いです。

なんとなく病院などでも勧められるから購入するけど本当のところを言うと医者に勧められるから使用しているという人も多いと思います。

ここではジェネリック医薬品というのはいったい何なのか?というのを詳しく紹介していきたいと思います。

まずジェネリック医薬品というのは先に発売された薬と同等成分配合されていて同等の効果が期待できると認められて販売された薬のことであり、ジェネリック医薬品という言葉は世界共通の言葉となっています。

最初に新薬を作った会社というのは17年~20年ぐらいは独占的に作った会社が販売をしていいという特許が降ります。しかし、期限が過ぎて特許が切れた場合は他の会社でも同じように販売をしていいとなっているのです。

製造方法や成分などが全て公開されているので他の医薬品製造会社が作ることが出来るのです。

同じ効果が期待できるというのは知っているけれど何でジェネリック医薬品は安いの?って思うかもしれませんが、それはやはり新薬を最初に作るとなると開発期間が10年以上かかるケースも珍しくなく15年近くかかった薬もあります。

それまでにかかった莫大な予算は薬によっては100億円近くかかるケースも珍しくないのです。

しかし、ジェネリック医薬品の場合は特許技術が公開されているため開発期間が短くて済みますので開発を抑えることが出来るのでその分安く販売することが出来ます。

ジェネリック医薬品の開発期間は大体3年~5年程度、開発予算に関して言えば10分の1程度に抑えることが出来ます。

ただ、ここで注目をして欲しいのがジェネリック医薬品といえども3年~5年もの月日がかかるという点です。

それだけ販売するまでに厳しい試験をクリアしなくてはいけないということでもあります。

同等成分を配合したからいいでしょう!っていうわけではなくてジェネリック医薬品でも何度も試験をクリアして販売が許可されるのです。

きちんと成分が溶け出して体内に吸収される時間は一緒か?や同じ被験者がジェネリック医薬品を服用して新薬と同等の効果が現れるか?とか薬は品質を厳しく管理しているのかなどの審査に合格しなければいけません。

ジェネリック医薬品といえども販売されるまでに厳しい検査があります。だからこそ長い年月がかかるのです。

当然ED治療薬にもジェネリック医薬品がありますので新薬よりもお求め安い価格になっています。

ED治療薬のジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品というのは色々な種類の薬が販売されており、多くの病院でも処方されているのですが、当然ED治療薬のジェネリック医薬品も販売されています。

正し、今現状日本の病院で処方が出来るのはバイアグラのジェネリック医薬品だけです。

というのはレビトラやシアリスはまだ特許が切れていないので日本では処方されることは出来ません。

しかし、それはあくまでも日本国内における場合です。

ジェネリック大国のインドではレビトラやシアリスなどのジェネリック医薬品が販売されているのです。

これはインドの特殊な特許システムであり、インドでは既存薬の化学構造を変えただけの画期的とは認められない薬に関して特許に値しないとみなされており、新薬でもすぐにジェネリック医薬品を作ってしまいます。

製薬会社にとって非常に迷惑なシステムですが、インドの製薬会社の技術は高く商品自体に問題はありません。

薬が高価すぎてなかなか手を出せない発展途上の国々ではインド製の安価なジェネリックは大変貴重であり、「国境なき医師団」たちにも使われているという事情があります。

とはいえ製薬会社とのトラブルも少なくなく裁判沙汰になっていることもあります。

ですが、服用する側としては安価な値段で薬を安全に手に入れることが出来るという点ではジェネリック医薬品があるということはありがたいことではあります。

インドで製造・販売されているジェネリック医薬品を購入したいと思ったら医薬品個人輸入代行サイトを使うのが一番です。