ED治療薬の併用禁忌薬

持病持ちは必ず専門の医者に相談する

ED治療薬というのは基本的に単体で服用すれば多少の副作用の程度はあるにしろ基本的には過剰摂取とか1日に何度も連続して服用してしまうといったことさえしなければ基本的に命に関わるようなことにはなりません。

しかし、ED治療薬と一緒に服用してしまうと時に身体に重篤な危険性を与えしまう薬があります。

これを併用禁忌薬と呼び絶対に服用してはいけません。

色々な禁忌薬がありますが、中でも危険なのがニトログリセリン系の薬です。

このニトログリセリン系というのは狭心症や心筋梗塞の薬であり、当サイトをご覧になっていただいた方には分かると思いますが、そもそもバイアグラは狭心症の薬として開発が進んできており、そこから派生する形でED治療薬として販売されたのです。

ニトログリセリン系というのはバイアグラ同様に血管を拡張して血液の流れが良くなります。これによって血圧が下がってしまってめまいなどが起こってしまう副作用を起してしまう人もいるのですが、バイアグラをはじめとしたED治療薬と一緒に服用してしまうと単純に薬の効果がダブルで作用してしまい、血圧を下げすぎてしまうことになります。

血圧が急激に下がることで生命に危険が及ぶので最悪の場合死亡してしまうケースも起こってしまうのです。

ニトログリセリンなどの硝酸剤や重度の不整脈のアンカロン錠やアミオダロン塩酸塩錠とED治療薬は禁忌であり、硝酸剤では飲み薬、張り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレータイプのものなどがありますが、全て禁止ですので注意してください。

飲み薬だから危険、張り薬だから大丈夫というものではなくて全て危険です。

他にも気をつけなくてはいけない薬があります。

水虫の治療などで使われる内服の抗真菌薬などは最も身近で使っている男性も少なく無いでしょう。

カビを退治する役割を持っている内服の抗真菌薬ですが、併用すると肝臓に負担がかかってしまい、ED治療薬の代謝がされずにED治療薬の効果が強く出すぎてしまいます。

飲み薬の場合は併用してはいけませんが、塗る薬では大丈夫ですのでED治療薬を服用したいと思うのであれば病院の医者に相談するようにしましょう。

HIV治療薬とC型肝炎の治療薬も肝臓に負担がかかります。ED治療薬を併用すると同じように効果が強く出てしまいますので併用禁忌薬となります。

日本でもHIV患者は非常に増えてきているので気をつけましょう。

医療の世界はどんどん新しい薬が開発されています。ですから今挙げたもの以外にもどんどん追加されることもあります。

持病持ちの方は必ずED治療専門の病院にいって相談するようにしましょう。